一般検定出題例 歴史・文化

×(不正解)

問題1

北海道の面積は8万3456㎢(北方領土含む)で、全国47都道府県のトップである。全国で最小の香川県の何倍あるか。

正解は、③45

解説
都府県では岩手県が最も広く、1万5279㎢あるが、北海道はその5.5倍ある。以下は順に、福島県1万3783㎢、長野県1万3562㎢、新潟県1万2582㎢、秋田県1万1612㎢、岐阜県1万598㎢、青森県9607㎢、山形県9323㎢、鹿児島県9188㎢と続く。逆に面積が全国で一番小さいのは香川県で、1876㎢。北海道はその44.5倍となる。以下、小さい方から順に大阪府、東京都、沖縄県、神奈川県となっている。(『平成19年版全国市町村要覧』による。)



前のページへ戻る