一般検定出題例 歴史・文化

×(不正解)

問題2

1975(昭和50)年、南茅部町尾札部(函館市尾札部町)の畑で発掘され、2007(平成19)年に道内初の国宝に指定された遺物はどれか。

正解は、③中空土偶

解説
約3500年前(縄文文化期後期)のものと推定される土偶=写真=で、中が空洞になっている。高さ41.5㎝、幅20.1㎝。現存する中空土偶では国内最大級。尾札部町著(ちよ)保(ほ)内(ない)野(の)に住む小坂アエさんが農作業中に偶然、掘り起こした。土偶には赤や黒の顔料が塗られた痕跡があり、また頭の突起と両腕の欠損部分は、埋葬前に壊されたとみられる。この発掘を機に大がかりな調査が進められ、周辺一帯に集団墓があることが判明した。




前のページへ戻る