一般検定出題例 歴史・文化

○(正解)

問題3

内浦湾を「噴火湾」と名付けたイギリス艦の艦長は、どの人物か。

正解は、①ブロートン

解説
内浦湾は渡島半島の東側、駒ヶ岳山(さん)麓(ろく)の砂崎(森町)から地球岬(室蘭市)まで、湾岸は150㎞に及ぶ。湾の南北に駒ヶ岳、有珠山が相対しており、正しくは内浦湾と呼ぶが、1796(寛政8)年に調査したイギリス軍艦プロビデンス号の艦長ブロートン(1762ー1821)が噴煙を見て、ボルケーノベイ(噴火湾)と命名、これが別名となった。②は室蘭へ来て事故死し、大黒島に墓があり、③はその墓を発見したと『ペリー日本遠征記』に記された人。④はブロートンの前のプロビデンス号艦長。




前のページへ戻る