一般検定出題例 歴史・文化

~公式問題集作成の舞台裏~ 編集後記から。
 『ほっかいどう学検定公式問題集 歴史・文化編』を制作することになり、編集委員がテーマを持ち寄り、その中から300問を選び、それぞれの分野を選び執筆しました。この最初に選ぶ300問がなかなかの難題でした。
 よく北海道には歴史がないといいますが、膨大な資料に埋もれながら、決してそうではないことを改めて実感しました。
 実際に「Q(問題)、A(解答)」を執筆してみて、テーマが松前や函館、札幌などに片寄り過ぎる、著名な人物が何度も登場するなどの問題点が出てきました。 旧地名、新地名の煩雑さなども気になりだしました。そのたびに手直しを繰り返すという経過をたどりました。
 この問題集が北海道の歴史・文化のすべてを網羅しているとはいえませんが、大筋で歴史・文化の流れをつかみ取ることができるでしょう。

皆さんもちょっと、北海道の歴史・文化を覗いてみませんか。「これは面白そうだ」「もっと知りたい」等など〘受検申し込みはこちら


全部で8問あります。いづれかの回答をクリックしてください。

問題1

北海道の面積は8万3456㎢(北方領土含む)で、全国47都道府県のトップである。全国で最小の香川県の何倍あるか。

回答 ①25 ②35 ③45 ④55


問題2

1975(昭和50)年、南茅部町尾札部(函館市尾札部町)の畑で発掘され、2007(平成19)年に道内初の国宝に指定された遺物はどれか。

回答 ①磨製石器 ②打製石器 ③中空土偶 ④オホーツク土器


問題3

内浦湾を「噴火湾」と名付けたイギリス艦の艦長は、どの人物か。

回答 ①ブロートン ②オルソン ③ボイル ④ブライ


問題4

北海道の開拓期、各府県からの入植者が相次いだ。上位3県はどの組み合わせか。

回答 ①青森-新潟-秋田 ②新潟-秋田-石川 ③富山-青森-宮城 ④秋田-富山-青森


問題5

1926(大正15)年5月24日、大爆発が起こり、泥流が発生し、大きな被害をもたらした山は、どれか。

回答 ①有珠岳 ②駒ヶ岳 ③十勝岳 ④利尻岳


問題6

稚内港を見下ろす稚内公園に「九人の乙女」の碑が建っている。この事件が起きたのは樺太(サハリン)のどのマチか。

回答 ①大泊(コルサコフ) ②真岡(ホルムスク) ③敷(しす)香(か)(ポロナイスク) ④豊原(ユジノサハリンスク)



問題7

次の女性作家のうち、新聞の1000万円懸賞小説当選がきっかけとなって本格的作家デビューを果たしたのは誰か。

回答 ①加藤幸子  ②藤堂志津子  ③佐々木丸美  ④三浦綾子



問題8

北海道内各地で日本酒が造られ、地酒として売り出されている。産地と銘柄の組み合わせで誤っているものはどれか。

回答 ①稚内市-男山  ②小樽市-北の誉  ③増毛町-国(くに)稀(まれ)  ④根室市-北の勝



前のページへ戻る  自然環境の出題例へ