合格者の声


 1月25日、南国の九州熊本では久しぶりに雪となり、最高気温が30年ぶりに0度となりました。そんな日に北海道から思いもかけず素敵な贈り物が届きました。何とほっかいどう学ネット検定合格者の中から抽選で富良野のワインとジュースが届いたのです。なんときめ細かいアフターサービスなのでしょう。本当にビックリポンでした!私を選んでいただきありがとうございました。
 私は歴史や文化が好きで、時間があればいろんなところに出向いてその地域を回っています。その際、地域のことをよりよく知るために「ご当地検定」を受けてみたところ、その面白さすっかりはまってしまいました。これまで熊本を皮切りに鹿児島、長崎、大分、九州観光マスター試験に挑戦してなんとか合格してきましたが、去年からさらに範囲を広げて北海道にチャレンジすることにしました。実は当初、北海道観光マスター試験を受けるつもりでしたが日程の都合で断念したのです。そんな折、ネットでも受験ができる検定の存在を知り、今回の受験となったわけです。
 その下調べを兼ねて去年の秋に北海道に行ってきました。道立図書館に調べ物があったので江別に行き、ついでに札幌、積丹などを回ってきました。北海道は広くて、楽しくて、美味しかったです。もうやみつきになりそうです。
 正直なところ、ほっかいどう学検定は観光マイスター試験よりも大変でした。マスターのほうは地域の観光情報を押さえればなんとかなるのですが、ほっかいどう学のほうは範囲が広く、情報も多岐にわたり、しかも自然と文化の二つの部門に分かれているのでとても短期間ではマスターできません。そこで今回は文化部門だけにしたところなんとか3級に通ることができました。この合格で「北海道病」がますます進行しそうです。
 次回は自然部門に広げさらに上を目指すつもりです。これからもどうぞよろしくお願いします。
                                                                     (熊本県熊本市在住  橋 本 博 様)


 ほっかいどう学ネット検定ジュニア3級を受験したものの母です。先日、合格証と景品が届きました。満点だったということで、思いがけず素敵なペンと図書カードをいただき、大変喜んでおりました。受験のきっかけは、学校からプリントを持ち帰ってきて、会場まで行かなくても気軽に受けられそうだったからです。練習問題は、知らなかったことが多く、難しかったのですが、繰り返すうちにわかってきました。今年も出来たら2級を受けたいと言っております。どうもありがとうございました。
                                                                    (今金町 3級満点合格の保護者 様)


ネット検定、という方式で自宅で受検できることは、仕事に子育てに忙しい私にはとても魅力的でした。

突然の贈り物に驚き、嬉しく、おいしくいただきました。本当にありがとうございました。なんとか5級に合格することができました。運が良かったのでしょうか…勉強時間が少なかったのでかなり難しく感じてはいて手応えは感じられなかったのですが(笑)
札幌に生まれ、学生時代に数年この地を離れた他は40年以上この地で生活をしてきました。変わってしまう街並みに消えていくものと、変わらないで残っている貴重なものを、この歳になると子どもたちに教えてあげたいなと強く思うようになりました。そこで学びはじめ、学ぶことで知る喜びと、楽しみと、子どもの質問にも答えられる満足感と(笑)、まだ訪れたことない道内の土地に行ってみようとわくわくする気持ちにもめぐりあいました。
北海道を知りつくし、できたら地域に貢献できたらいいな、と思っています。まだまだ勉強をはじめたばかりの未熟者ですが道産子DNA?フロンティア精神に溢れています。
ネット検定、という方式で自宅で受検できることは仕事に子育てに忙しい私にはとても魅力的でした。これからも、多くの方が参加できる検定を続けてくださいませ。
北海道新聞社さんから出ている問題集も購入しました。知識の寄せ集めにしかならない部分も多いので、できたら地域の特性や歴史の流れなどがもう少し体系的に学べる策があるとありがたいな、と感じました。また、こうした検定で学んだことを、趣味で終わらせたくないので、深めた知識を生かしたり、情報を深める機会があると更に意欲がわくのですが!
次回は受検しなかった自然の分野に挑戦もしてみるつもりです。
玉ねぎのお礼にメールを送らせていただきました。
                                                                        (一般検定、札幌市のM・Mさん)


再度挑戦し、上級を目指したい―

先日は豪華な景品を送っていただき、たいへんありがとうございました。なにが送られてきたのか恐る恐るあけてみましたら、「流氷ドラフト」でした。ビンから注ぐとブルーのビールが出てきてびっくりしました。味もよく、家族みんなで大喜びでした。
さて、今回の検定ですが、北海道に住む私たちが知っている情報、知らない情報をふくめて少しでも学習しようと始めました。前回の検定ではテキストどおりでしたので、2回とも満点だったのですが、今回は難易度があがり2級を獲得するのがやっとでした。それでも合格しただけでも満足、自分の実力はこんなものとあきらめ、さらに精進を続けていくつもりです。
もし機会があれば、再度挑戦し、上級を目指したいとも思います。

                                                                        (一般検定、帯広市のW・Mさん)


何十年振りかの合格証書をいただき感激!

今回は、考えてもいなかった景品をいただき有り難うございました。
主人と出かけてみたいと思っています。
受検のきっかけですが、主人が北広島市の宝物、旧島松駅逓所管理人として夏の間だけ勤務しております。ガイドも少しやっていると言う事で冬の間は、歴史の勉強をしているのを見て、私もやって見たくなり「ほっかいどう学」の本を買い求め猛勉強中でした。また上級を目指し頑張ります。
4級合格・何十年振りかの合格証書をいただき感激していた所に、景品までおくっていただき、この年齢で頑張れた事に感謝です。問題は難問でしたよ、2019年北海道開拓150年だそうで、何があるのか道民として楽しみにしています。

                                                                       (一般検定、北広島市のK・Mさん)


ジュニア検定より

【検定を受検しての感想】
合格していて、びっくりです。何級まであるか、しりませんが、また「ほっかいどう学ネット検定」に参加したいです。今度はもっと勉強して2級、1級と、順番に合格していきたいです。
【受検のきっかけ】
学校からプリントがくばられて、私は北海道にすんでいるけど北海道の事は少ししかしらなかったので、このテストを受けてみたいとおもいました。
【景品(トマトジュース)】
 とどいた時に、もってみたら思ったよりすごく重たかったのでびっくりしました。私は景品だからおかしやジュースかと思っていたら、予想とちがうジュースだったのでびっくりしました(笑)

                                                                        (ジュニア検定、O・Oさん)


前のページへ戻る